サイトマップ

AGA治療とその他治療の比較

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、「男性型脱毛症」のことをいいます。成人男性によくみられる頭頂部や額の生え際などの髪の毛が薄くなる状態が特徴です。抜け毛や薄毛に悩む男性のほとんどがAGAといえます。


AGAになる原因は色々と考えられますが、多くは遺伝やホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れが主な原因といわれています。
その中でも男性ホルモンの影響は大きく、男性ホルモンのひとつであるテストステロンが悪玉の男性ホルモンに変わることで脱毛症を引き起こしています。テストステロン由来の結合物であるDHT(ジヒドロテストステロン)は、毛根に作用して発毛を抑制してしまうのです。


このAGA治療もさまざまな種類がありますが、大きく分けると発毛、育毛、増毛、植毛に分けられます。これらを比較してみましょう。
発毛とは頭皮の状態を改善し、本物の自分の髪の毛が新たに生えてくる事をいいます。毛根の力を取り戻すためには心身の健康が必要ですから、ストレスや生活習慣など総合的なケアによって発毛を促します。
育毛とは、現在生えている髪を太く長く成長させ、抜けないように毛根を強くすることをいいます。髪の毛が全く生えていない場合はできない治療法です。
増毛は、一本の髪の毛に5~6本の毛を結びつけたり、人工毛髪を地毛の中に紛れ込ませて髪の毛を人工的に増やす事をいいます。
自分の髪の毛に複数の人工の髪の毛を括り付けるため、負担がかかるデメリットがあります。
そして最近ではフィスナリドやミノキシジルを使ったAGA治療に次いで、日本皮膚科学会のガイドラインで上位に位置づけられている植毛は、頭皮の毛穴に自分の髪の毛を含む人毛や人工毛を植え付ける方法です。
植毛は90%を超える定着率の高さからも分かるように、確実に毛量を増やしたい場合には有効な方法といえます。仕上がりも非常に自然で、かつらのような違和感もなく、外れる心配もないため、安心できます。さまざまな治療法を比較し、自分に合った治療法を選びましょう。

ページの先頭へ