サイトマップ

薄毛の原因

近年では髪の毛のトラブルに、とても悩んでいる方達が増えている傾向です。
その中でも薄毛は、さまざまな原因があり男性ホルモンの遺伝やストレスや睡眠不足、暴飲暴食などたくさんの原因がります。
毎日の不規則な生活などや、お酒を飲み過ぎる事も薄毛になってしまう場合もあり、髪のトラブルを避けるためにも、規則正しい生活が大切になります。

男性ホルモンによる遺伝

男性ホルモンの遺伝子により薄毛というものはなるんですよね。だから、禿げているからといってある意味では男性ホルモンが旺盛であることを自慢することでも良いわけです。
男性ホルモンはやる気や筋量に影響を与えますので禿げていても悪いとかどうかということに関してはとても疑問です。
ですから、ストレスが多いんだろうとかそのようなレッテルははらないようにしてくださいね。

ストレス・睡眠不足について

強いストレスを受けた場合、頭皮の血行不良による発毛力の低下や、アドレナリンの過剰分泌で頭皮の皮脂が酸化することによる毛穴の詰まり、内蔵機能の低下による毛髪の栄養不足などが発生し、薄毛の原因になります。
また、睡眠不足の場合、成長ホルモンの分泌不足によって毛髪の形成に必要なタンパク質が十分に合成されず、薄毛の原因となってしまいます。

不規則な生活

不規則な生活は、薄毛の原因になります。
髪の成長は、夜中の睡眠時に行われます。ですから、不規則な生活をして夜中にずっと起きているようでは、髪の成長サイクルはくるってしまいます。
そして、髪の成長がうまくいかなくなったり、抜け毛が増え、薄毛になってしまうこともあるのです。薄毛が気になるのであれば、生活習慣を正すことが大切です。

過度な飲酒

飲酒によって体内にアルコールが入った場合、肝臓の働きによってアルコールの分解が行われますが、その際にシステインやメチオニンといったアミノ酸がエネルギーとして使われます。
システインやメチオニンというのは、毛髪を構成するための重要な成分となりますが、過度な飲酒によって大量のアルコールが体内に入ることで、肝臓へのエネルギーとして大量に使われてしまうので、毛髪の形成に影響を及ぼして薄毛の原因となってしまいます。

ページの先頭へ