サイトマップ

過度な飲酒

お酒を飲む人は大勢います。実はお酒は髪の毛と深い関係があると言われています。
飲酒は適量であれば問題なく、むしろ血行が良くなって健康上もよい影響を与えるとさえ言われています。けれどもそんなに理想的な適量で止めることができないのがお酒です。
煙草にも同じことが言えて、お酒の飲み過ぎやたばこを吸うことというのは残念ながら体には悪い影響を与える行為になります。
長期間にわたって過度の飲酒を繰り返していると、胃腸などの消化器官に障害を起こしたり、肝臓に障害を起こすなど、内臓の病気を誘発する原因になってしまいます。
当然ながら内臓が悪くなれば髪の毛にも影響を及ぼします。特に飲酒の場合には適量ならば血管が拡張されて血液の循環がよくなってストレスも発散できますが、過度の飲酒は体に負担がかかり、肝臓にも悪い影響を与えます。
タンパク質の合成機関である肝臓の機能が低下してしまうと、タンパク質を作られなくなり、発毛のための新しい細胞も作られなくなってしまいます。
髪の毛はケラチンというたんぱく質からできていて、その中にメチオニンというアミノ酸にはコレステロールを下げる作用がありますが、喫煙によって増えた悪玉コレステロールを減らすためにメチオニンが使われて不足してしまい、髪を痩せさせる原因になります。
しかし過度のストレスというのは、やはり薄毛や抜け毛の原因になる恐れがあります。
禁酒や禁煙をすることで、逆にストレスが溜まってしまい、その結果ストレスや健康や毛髪に悪影響が出てしまっては本末転倒です。
育毛の事だけを考えれば喫煙や過度の飲酒は控えたほうがよいのは事実です。
喫煙も飲酒もどちらも度をコスト外になってしまうのはもちろんなのですが、無理に止めることによって過度のストレスを感じるのだとしたら、それなりにストレスを軽減するための対策を考えなくてはなりません。
でも、いずれにしても体を壊してしまうほどの過度の飲酒やたばこは避けるべきで、そのうえで規則正しい生活やストレスのない生活を心がけるのがベストです。

ページの先頭へ