サイトマップ

男性ホルモンによる遺伝

男性の悩み多いものといえば、髪の毛の悩みではないしょうか?
歳を取るとだんだんと抜け毛が多くなり、髪の毛が薄くなってくことがあります。まず、髪の毛には頭部を守る役目があり、紫外線や気温の変化によるダメージを避けるクッションのような役目があります。
髪の毛だけに関わらず、体全体の毛全てには周期があり、「成長期」「移行期」「休止期」を繰り返すことで、健康な毛が生えかわり、体を守ろうとしています。
薄毛は、この周期が正常に行われずに、生えかわることなく抜け落ちてしまう状態をいいます。
この薄毛になる原因は男性ホルモンに影響が出ているのですが、その理由はひとつではなく、人によってさまざまあります。ひとつの説としていわれているのが、頭部の血行の悪さによる抜け毛です。
髪の毛が栄養を補給しながら成長するのですが、その元となる毛乳頭にある毛細血管の血行が悪いと、成長に必要な栄養がうまく補給できず抜け毛になってしまいます。
また、毛穴が汚れていたり、詰まっていたりすることで毛乳頭に対してダメージがあり、炎症なども起きて成長を妨げる原因となってしまうのです。
どちらもシャンプーをしっかり行い頭皮を清潔に保つことが大切で、同時にマッサージを行うことが効果的だといわれています。
また、遺伝子的な男性ホルモンの影響によって抜け毛になるともいわれています。父親や祖父が髪の毛が薄いと子供も薄くなるといわれることが多いですが、その遺伝子による影響は大きくあるようです。
研究者によって遺伝子による抜け毛が起きるのか研究されていて、「母の祖父が薄毛の場合、その遺伝子を受け継いでいる場合が多い」という研究結果がでています。
血行の悪さや遺伝子による男性ホルモンの影響だけではなく、生活習慣の悪さやストレスによって抜け毛が起きる場合もあります。男性ホルモンは健康状態によって変化しやすいので、生活習慣を見直したり、ストレスを溜め込まないようにすることも大切です。

ページの先頭へ