サイトマップ

不規則な生活

日常的に行っている生活習慣が不規則な生活習慣になっていますと、どれくらい薄毛や抜け毛に影響を与えるかについてご存知でしょうか。
薄毛や抜け毛の原因にはストレスや遺伝的なもの、偏った食生活や髪型、洗髪剤の影響などがあると言われていて、女性は加齢やホルモンバランスの乱れなども複合して薄毛や抜け毛が起こると言われています。
そういった中で不規則な生活は直接的に抜け毛や薄毛を引き起こすという訳ではないのですが、不規則な生活で生活習慣を乱してしまうとストレスやホルモンバランスに乱れが生じやすくなりますし、睡眠時間にも悪影響が出てしまう場合が多いのでヘアサイクルも乱れてしまう可能性が高く、不規則な生活は薄毛や抜け毛の原因につながってしまうのです。
不規則な生活の中で薄毛や抜け毛の原因につながる代表的な習慣として喫煙行為があります。
タバコにはニコチンと呼ばれる血管を収縮させる働きが強い成分が含まれているのですが、このニコチンという成分の働きで血行が悪くなってしまう事で髪の毛に必要な栄養素などが十分に届けられない状態になってしまうので、正常に髪の毛が育たなくなってしまう可能性が高いのです。
また喫煙行為によってタバコから発生する一酸化炭素を体に取り込んでしまう事になり毛細血管にダメージを与えるので、喫煙行為を習慣的に行っていると毛細血管が硬くなり血行不良を招いてしまいますし、一酸化炭素を体に取り込むと酸素が全身に正常に運ばれにくくなるので、健康を維持するための体内の組織や機能が低下してしまい、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまう可能性もあるのです。
その他にも不規則な生活の中で薄毛や抜け毛を引き起こす原因につながる習慣としてアルコールの過剰摂取や睡眠不足も深い関わりがあると言われています。
特に睡眠は髪の毛の成長に必要不可欠な成長ホルモンの分泌や細胞の新陳代謝が活発に行われますから、睡眠不足は正常なヘアサイクルに狂いを生じさせてしまう可能性が高いので、睡眠不足は薄毛や抜け毛を引き起こす原因につながる習慣だと言えるのです。
このように不規則な生活は薄毛や抜け毛を引き起こす可能性が高いので、これらの習慣がある場合は改善したほうが良いかもしれません。

ページの先頭へ