サイトマップ

プロペシア

頭髪に関するトラブルや悩みといったものは数多く存在していますが、中でも男性に特に多いのが薄毛や脱毛といった症状です。
こうした脱毛などの問題は、中高年に多く見られる症状ですが、中には若い世代でもこうした薄毛に悩む人も少なくありません。
こうした脱毛症で、特に男性ホルモンの変異による症状を男性型脱毛症と呼び、その症状の改善には様々な方法が開発されています。
男性型脱毛症が起こるメカニズムは、発毛を促す男性ホルモンに対し、5αリダクターゼと呼ばれる酵素の一種が働きかけることが原因です。この5αリダクターゼが男性ホルモンに結合することでジヒドロテストステロンという物質に変異してしまいます。
このジヒドロテストステロンが作用することで、毛髪を発育させる発毛サイクルの働きに支障をきたしてしまいます。
発毛サイクルが正常に機能していれば、古い毛が抜けてしまっても、成長期になれば新たな毛が生えてきますが、ジヒドロテストステロンが作用することでこの成長期の期間が短くなってしまい、徐々に発毛する力が弱まり、結果健康な毛が生えにくい状態になってしまいます。
プロペシアはアメリカのメルク社で開発された薬剤で、元々は前立腺肥大症の治療薬として使用されていました。
しかし、プロペシアに脱毛の症状を改善する効力が発見されてから、正式に男性型脱毛症の治療薬として認可されました。
プロペシアは5αリダクターゼの働きを抑制する機能を持っており、プロペシアを投与することで5αリダクターゼと男性ホルモンの結合を防ぎ、結果としてジヒドロテストステロンの生成を抑えることが可能となります。
これにより発毛サイクルを正常な状態に改善することが可能となり、発毛する力を取り戻すことができるようになります。
また、プロペシアを服用する他、毛根や毛包、また頭皮の血管の血流を促進したり、栄養素を補給する育毛剤を併用することで、より発毛を促進することが可能となります。

ページの先頭へ