サイトマップ

薄毛治療

発毛治療の一つとして注射による治療があります。
注射によってカクテルを注入し、直接的に発毛因子の活動を促すというものですが、直接的に毛根に働き掛ける事ができますので、効果的な薄毛対策ができるとして人気があります。
また、男性だけでなく女性でも利用する事ができますし、肝心の効果も高く、実際に髪の毛が生えてきたという方も沢山いらっしゃいます。

発毛の仕組み

髪の毛には、成長期・退行期・休止期のサイクルがあります。
発毛の仕組みを知るには、まずはこのサイクルを正しく理解し、成長期にあたる髪の毛が抜けていないか、抜ける量と生えてくる量のバランスはどうかをチェックしてみる必要があります。
一般的に、薄毛に悩まされている人の多くが、このサイクルの乱れに悩まされています。異変を確認したら、栄養を補給したり血流を促したり等の対策が必要です。

薄毛の治療方法

薄毛は遺伝や栄養の偏り、ストレスによる不調によって起きます。
しかし、男性型の脱毛症はこれらを改善しても薄毛が治るとは限らないのです。
男性型の薄毛の治療は、対症療法による治療方法になります。クリニックでは診断の結果男性型の症状と判断された場合、男性型の脱毛を抑える薬を処方します。
男性型の脱毛は、髪の毛が成長する前に抜けてしまうのが特徴です。
この薬は、脱毛を食い止めヘアサイクルを取り戻し髪の毛の成長を守ります。

早期治療が重要

薄毛の治療は、なるべく早期に行うようにしましょう。
薄毛は進行性のものです。気になっているのにもかかわらずそのままにしておけば、症状はどんどん進行し悪化します。
早期に治療を始めれば、それだけ早く悩みを解消できます。症状が悪化してからでは、悩みに解決に時間もかかりますし、進行を食い止めることも困難になってしまいます。
そうならないためにも早めに専門医の診察を受けましょう。

従来の薄毛治療

薄毛の治療といえば、薬局で売っている薬品を使って自宅で行うのものが一般的です。
従来のものでは日本皮膚科学会が効果を公認した「フェナステリド」を配合した飲み薬や「ミノキシギル」を配合した塗り薬などがあります。
フェナステリドは脱毛作用を抑制し、ミノキシジルは頭皮の血行を良くし毛根全体に栄養を行き渡らせる効果があげられます。
これらの製品には効果に個人差がありかならず成果がでるものではありません。

ページの先頭へ