サイトマップ

発毛の仕組み

薄毛になってしまった時にはまず薄毛になる仕組みを覚えておくと良いでしょう。
どういった仕組みで薄毛になるのかを知っておく事によって対策も行い易くなります。
では、なぜ薄毛になるのかという事ですが、一つの原因として挙げられるのが毛根の栄養不足です。
髪の毛の大本は毛根になりますが、丈夫な髪の毛を育む為には毛根に十分な栄養を供給しなければいけません。
しかしながら、過度のダイエットや乱れた食事内容などによって毛根が栄養不足になってしまう事があります。
髪の毛の大本である毛根が栄養不足になってしまう事で、丈夫な髪の毛が育ち難くなりますし、そういった状態が慢性化する事によって細い髪の毛しか生えてこなくなります。
細い髪の毛が増える事によって全体的にボリュームが落ちてしまいますし、それによって頭皮が目立つような薄毛状態になってしまいます。
そういった状態を改善する為にはしっかりと栄養補給をしなければいけませんし、その為にも食事内容を改善したり、発毛剤などを上手く活用する事が大切と言えます。
他にも薄毛になる仕組みとしてヘアサイクルの乱れも挙げられます。
髪の毛というのは一定のサイクルの中で脱毛や成長を繰り返しています。
正常なヘアサイクルの場合ですと、健康的な髪の毛が育まれ易くなりますが、反対に何らかの原因によってヘアサイクルが乱れてしまうと丈夫な髪の毛が育まれなくなります。
ヘアサイクルが乱れる事によって細い髪の毛や短い毛が多くなりますので、頭皮が目立つ状態になります。
因みにヘアサイクルがなぜ乱れるのかという事ですが、主な原因として挙げられるのがAGAです。
AGAというのは男性型脱毛症ですが、脱毛物質が増加した状態になりますので、その脱毛物質によってヘアサイクルが乱れてしまいます。
もし、AGAによってヘアサイクルが乱れた時には専用の治療薬を利用して脱毛物質を抑え、そしてヘアサイクルを正常化させる必要があります。

ページの先頭へ