サイトマップ

薄毛の治療方法

薄毛の原因は様々です。
代表的なものは病気や薬などが原因のこともあるし、皮脂が多すぎて湿疹や福家が増えることが原因になることもあります。その他にもストレスや遺伝的要素、ホルモンの変化なども、薄毛が誘発されることにつながるケースもあります。
最も多いのが男性型脱毛症背、これは遺伝が原因となる薄毛の中でも高い頻度で起こります。
AGAは遺伝的なものである以上、治るわけではありません。薬を服用することによって薄毛の進行をある程度遅くすることはできますが、根本的な治療ではありません。
そのため薄毛の治療のためには薬による治療と外科的な方法を組み合わせて対処していくことになります。
たとえば典型的なAGAの人は後頭部から側頭部にかけての部分はあまり影響がないため、この部分から材料を採取して、薄毛の進行しているところに植え付けていくという手術が行われます。
植えつけられた毛髪は薄毛の部分でも採取部の性質を受け継ぐためにAGAの絵京を受けずに生え続けることになります。
一般的な治療方法としては、後頭部の頭皮と帯状に切り取って、その頭皮から移植用にする毛が1本から3本ほど含んだものを切り取り、それを移植部に明けた小さな穴へと押し入れるという方法が行われます。
この方法は一定水準の結果をけることができるため、現在世界中で広く行われている治療法です。
けれども、またもう一つの方法が、移植に必要な部分だけを頭皮を大きく切り取ることなく筒状の機器を使って一つずつ採取する方法があります。この方法は低侵襲で優れた方法ですが、この方法を行うためには熟練した高度な技術が必要とされ、難易度が高くなるため時間もかかり、一日にできる最大移植数が少なくなってしまいます。
世界ではこの方法の機械化などによってこの方法の難度を上げている原因を減らす試みが始まっています。
そして何よりも大切なのが、数ある情報の中から科学的根拠に基づく正しい情報を入手することです。

ページの先頭へ