サイトマップ

従来の薄毛治療

従来の薄毛治療としては、薬物療法が主な治療方法となりました。この薬物療法では、有効成分を配合した薬剤を塗布し、過度なホルモンの分泌が原因となった薄毛を改善するというものです。
この薬物療法では、脱毛を促すホルモンの分泌を抑制する効果があり、薄毛が進行するのを回避する効果が期待できました。
また、従来の薄毛治療としては、外用薬を用いる手法があり、この治療の種類としては、毛細血管の血流を促す方法もあったのです。この薬剤は頭皮の毛細血管を拡張する働きがあり、血行を良くするという効果があります。
そのため、頭皮に薬剤を塗ることで、毛細血管の血流を改善し、毛髪が育つのに適した環境を整えることができるのです。
そして、薬物療法としては脱毛を促すホルモンの生成を阻害するものもあり、ホルモンのバランスの乱れによる薄毛を薬剤を服用する事で防止する方法もありました。
この治療法は、薄毛治療薬の中でも副作用が出やすい傾向があり、前立腺のガンの発見を遅らせてしまう可能性もあったために、癌の検査の際には注意が必要になるものなのです。
このタブレットの服用は、公的な医療機関が認定した有効成分が配合されており、外用薬ではなく内服薬による効果で、非常に大きな効果が期待できました。
しかし、この薬物療法は、血管を拡張することで血圧を低下させる作用が出やすいため、低血圧の方には不向きな治療法となっていたのです。
そして、従来の薄毛治療としては、特定の細菌を滅菌する成分が配合されたシャンプーを用いる事で、薄毛の問題が改善されるものもありました。
これは頭皮に繁殖した細菌を滅菌するもので、この細菌が原因となり炎症を起こしてしまう症状を回避するものです。この頭皮に繁殖した菌を殺菌し、頭皮の環境を良好に整えることで、抜け毛の問題を改善することができます。
このシャンプーに使用されている成分は、効力が高い為に、医師の指導の下、使用する事が重要になります。

ページの先頭へ